リサイクルできるものを知ろう

発泡スチロールが生まれ変わる

デリケートな家電を運ぶ

家電は、非常にデリケートなものが多いです。
雑に輸送していると、その時点で壊れてしまいます。
せっかく開発した製品が、輸送中に壊れたらもったいないですよね。
ですから衝撃を吸収するために、梱包材が使われます。
梱包材は。発泡スチロールから作られることが多いです。
再び再利用できるので、家電を購入した時に、箱に入っていた梱包材は捨てないでください。

梱包材があるおかげで、家電を購入した時に、無事に自宅まで持って帰ることができます。
地味な存在ですが、生活になくてはならないものでしょう。
発泡スチロールは、それだけの素材でできていることが多いです。
ですから解体して分別しなくても良いので、他の資源に比べて楽に処分できます。

みんなが使っている文房具

勉強するために使っている鉛筆や、仕事で使っているペンがあると思います。
文房具は、もともと発泡スチロールから作られていると知っていたでしょうか。
大人から子供まで、たくさんの人が使っているでしょう。
非常に身近な存在にも、発泡スチロールかが使われていると覚えておきましょう。
定規なども、発泡スチロールが使われていることが多いです。

ペンケースの中を確認すると、ほとんどのものが発泡スチロールからできているかもしれませんね。
加工することで、姿も形も全く異なる製品に生まれ変わることができます。
資源の無駄遣いを回避できるので、進んでリサイクルしてください。
調べると、ほとんどの資源が再利用できることが判明します。


この記事をシェアする