リサイクルできるものを知ろう

ペットボトルから作られる製品

柔らかい製品を作ることが可能

ペットボトルを回収して、リサイクルすると繊維製品を作れます。
リビングに敷くカーペットや、車の床や天井に使う内装材や吸音材に生まれ変わります。
固いペットボトルですが加工することで柔らかくなるので、繊維製品に生まれ変わっても違和感を抱くことがありません。
見ただけでは、ペットボトルから作られているとは気づかないでしょう。

スポーツをする時に、ユニフォームを着用すると思います。
選手が着ているユニフォームも、実はペットボトルを使っています。
定期的にスポーツに取り組んでいる人は、ペットボトルから作られたユニフォームを着用したことがあるかもしれませんね。
他の資源ゴミに比べて、ペットボトルは作れるものが多いと言われています。

日用品を作っている

他にも、たくさんの製品をペットボトルから作っています。
卵のパックも、ペットボトルが原材料になっています。
洗剤やシャンプーのボトルも作っていますし、再び新しいペットボトルになることもあります。
結束バンドやゴミ袋などの、日用品に生まれ変わることも多いです。
身の回りにたくさんのリサイクル製品がありますし、気づかないうちに使っているでしょう。

ペットボトルを処分する際は、キャップを外してください。
できれば、中身を洗った方が良いですね。
公園や駅に、ペットボトルの回収ボックスがあります。
どこにいても処分できるので燃えるゴミに出したり、その辺に捨てることは絶対にしないでください。
リサイクルできるチャンスを活かしましょう。


この記事をシェアする