リサイクルできるものを知ろう

リサイクル製品を選択しよう

紙から紙ができる

使い終わった紙をリサイクルすると、綺麗な紙に生まれ変わります。
コピー用紙のような薄い紙をリサイクルした場合でも、機械を通して他の紙と組み合わさることで、段ボールやのような厚い紙を作れます。
学習用のノートや雑誌、新聞紙も再生紙から作られています。
身の回りにたくさんあるので、もっと再生紙を活用できるよう分別しましょう。

紙を燃えるゴミに出すと、普通に燃やされて処分されます。
それでは、リサイクルできません。
リサイクルするためには、資源ゴミに出すことが絶対条件です。
紙を燃えるゴミに捨てていた人は、改めてください。
雑誌が溜まっている人は、自分で業者に持って行くのも良い方法です。
分別することを、心がけましょう。

専用の回収ボックスに入れよう

牛乳パックも、リサイクルできるものだと知っていましたか。
リサイクルすることで、キッチンペーパーや、トイレットペーパーを作ることができます。
しかし、他の紙と同じ様に資源ゴミに出してもリサイクルされません。
スーパーや駅に行くと牛乳パックの回収ボックスが設置されています。

そこに入れると、リサイクルされるので回収ボックスを活用しましょう。
また、飲み終わった牛乳パックをそのまま入れないでください。
綺麗に洗って乾かしてから、解体するのがベストです。
飲み終わった牛乳パックを入れていると、臭いの原因になります。
回収ボックスの正しい使い方があるので、ルールを守ってください。
買い物にいくついでに、牛乳パックを出しましょう。


この記事をシェアする